SSブログ

三船美佳 離婚 高橋ジョージの束縛が常軌を逸していたことにやっと気づいた☆



三船美佳さん(32)と高橋ジョージさん(56)夫妻が、

ついに泥沼離婚裁判に突入してしまいました。

 

 miifune高橋.jpg

 

離婚調停が決裂し、離婚訴訟にまで至ってしまったわけですが、

三船美佳さんが離婚を考えるようになった原因は、

高橋さんの在宅中の、

美佳さんに対する ”外出禁止令”という束縛とされています。

けれども

高橋ジョージさんの束縛ぶりが、

実際にはそんな「ゆるい」ものではないことが判明してしまいました。

 

mika若い.jpg

 

「きのうまで15歳だった」三船美佳さんは結婚した途端、

夫・高橋ジョージさんの束縛によって、部活はもちろん禁じられ、

放課後に友だちと遊ぶことも許されず、卒業式のダンスパーティーという

どんなに素敵な思い出になるかもしれない学校行事にさえ、

参加させてもらえなかったのです。


 

そんなものかと




とにかく美佳さんには、一日のスケジュールをすべて

高橋さんに報告しなければいけないというルールが課されていました。

たとえば、ママ友とランチをするときでも、

どこで誰と何時まで、帰宅は何時になるなど、

すべて伝えなければならなかったのでした。

 

mika.jpg

 

あるママ友仲間の話では、

ある日、ママ友仲間でランチをしているとき、

ランチの相手の名前や店名を高橋さんにメールしている美佳さんを見て、

そのうちの一人が、ふつうはそんなこと旦那に報告しない、と言うと、

「え? そうなの?」と、美佳さんはとても驚いていたそうです。

16歳になりたて、社会に出てもいないうちに結婚してしまったのですから、

自分の家庭がふつうだと思うのも無理ありませんよね。

ちょっと話が逸れますけれど、

現在、日テレ系で放送中の『◯◯妻』を思い出しました。

 

〇〇妻東山紀之.jpg

 

柴咲コウさん演じる妻・ひかりの完璧な主婦ぶりを

同僚たちから褒められたり羨ましがられたりする

東山紀之さん演じる夫が、謙遜するでもなく、

「そんなことない」「ふつうでしょ」と言ってのけます。

妻の完璧ぶりに気づかない、どこの主婦もそんなもの、

これがふつう、と思ってしまっているのです。

会社でもどこでもなんでもそうでしょうけれど、

ほかを知らない、というのは、実は怖いことですね。

自分の立場が当たり前、ふつうだと思い、そうではないことに気づかない。

美佳さんはやっとにしろ、気づいてよかったと思います。

 

mifuneインタビュー.jpg

 

束縛された結婚生活を送った16年間を無駄のようにいう人もいるようですけれど、

そんなことは決してありません。

そこから計り知れないほど多くを学び、成長できたことでしょう。

それをどう活かすか、これからですね。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます